自己破産のデメリット

自己破産と聞くと、「一生後ろめたい生活を強いられ、辛い生活になるのでは?」と想像される人が多いものです。

しかし、そもそも自己破産という制度は、借金によって生活が成り立たなくなった人にチャンスを与え、生活を再建してもらおうという制度です。
ですので、生活が成り立たないようなデメリットは実際はありません。

以下、簡単に自己破産のデメリットと思われることをあげておきます。

説明義務があります

破産者は、破産管財人や債権者の求めにより、破産に関する必要な説明をする必要があります。この説明義務に違反すると、免責不許可事由になります。

財産処分権がなくなる

自己破産すると、財産は、管財人により換価処分されて債権者に配当されるので、破産者は財産を処分する権利がなくなります。

クレジットカードが7年から10年ほど使えなくなる

自己破産すると、カードの信用調査会社の事故情報として記載されることになります。
ですので、新規にクレジットカードをつくって、利用することは困難になります。

弁護士や株式会社の取締役など、特定の職業にはつけません

弁護士や司法書士、税理士、株式会社の取締役、監査役などは、破産者になるとその職業に就けなくなります。
しかし、免責決定後は、そのような職業の制限はなくなります。

居住の制限や通信の秘密の制限があります

破産者になると、裁判所の許可がなければ、自由に引っ越しをしたり、旅行をしたりできなくなります。この義務に違反すると、免責不許可事由になります。
さらに、破産者あての郵便物は、破産管財人に配達されるようになります。管財人は、破産者あての郵便物を自由に読むことができます。

以上、簡単に自己破産のデメリットと思われるものをあげてみましたが、免責決定が下りると制限がなくなるものが多いです。

Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 はてなブックマークに追加 ライブドアクリップに追加 del.icio.us に登録

スポンサードリンク

自己破産の基礎知識:その他の記事

自己破産とは
自己破産とは 自己破産とは、借金で経済的に破綻した場合に、最...
自己破産のデメリット
自己破産と聞くと、「一生後ろめたい生活を強いられ、辛い生活に...
自己破産の弁護士費用
自己破産を弁護士に依頼する場合に、気になるのは弁護士費用のこ...
自己破産手続きの流れ
自己破産の手続きは、破産の申立てから免責決定までの一連の手続...
相談の時に準備して相談しよう
弁護士などに相談するときには、事前に簡単に準備しておくことを...

★★ひとくちコラム★★

借金整理の方法には、大きく分けて4つあります。
裁判所を利用しない方法としては、(1)任意整理があり、裁判所を利用する方法としては、(2)個人再生手続き、(3)特定調停、(4)自己破産があります。
それぞれ簡単に、説明しておきましょう。

まずは、(1)任意整理からです。
任意整理とは、裁判所の介入なしに、借主と貸主が話し合いによって、借金整理する方法です。
複数の貸主と返済額や返済方法などを決めていきます。一般的には、3年程度で分割払いできるように返済計画などを立てて、債権者との合意が得られるように交渉していきます。

次は、(2)個人再生手続きです。
個人再生手続きとは、裁判所に個人再生の申立てをして、裁判所が債権者を取りまとめ、債務者は再生計画によって借金を返済していくことができるという制度です。
すべての債権者からの賛成が得られなくても、利用でき、自宅を失わなくても済むというメリットがあります。

さらに、(3)特定調停があります。
特定調停とは、裁判所の調停委員の協力を受けた借金整理の方法です。
簡易裁判所に調停を申立、任意整理で話がこじれてしまった債権者がいる場合に利用されます。

最後に、(4)自己破産があります。
自己破産については、このホームページで解説していますが、現場では一番よく利用される借金整理の方法になります。

Copyright © 2007 自己破産. All rights reserved